CAP

キャップの文化の変化と新しいファッション文化の特徴とは

ベースボールキャップの特徴

ベースボールキャップは、丸いトップで前だけにつばが付いているので、野球のため以外にもおしゃれグッズとして被られることが多いです。ベースボールキャップは、ボリューム感が無くてフィットしやすいので男性にも女性にも被りやすいです。前だけにつばが付いているので、つばが後ろ向きになるように被れるのもベースボールキャップの大きな特徴です。なので、キャップによるおしゃれの幅が広がります。また、ベースボールキャップはカジュアルな帽子なので、カジュアルな服装と合わせて全体の雰囲気でカジュアル感を出せます。
ただし、頭に被るので服装によっては被っている帽子だけが目立ったりしますので、服装に合わせて被るならあまり目立たないシンプルなベースボールキャップを選んで被るのが、服装とフィットさせやすいです。服装全体にフィットするように帽子に使われている色で着る服を選ぶのも、ベースボールキャップを被っておしゃれするためにお勧めです。
ちなみに、野球帽子としてベースボールキャップ以外に平たいワークキャップも採用されていますが、ベースボールキャップは丸いキャップとして被られます。おしゃれグッズの一つとして被れるベースボールキャップは、服装に合わせることでより見た目の個性を高めることができます。

キャップがまた流行る

キャップは昔から流行りがめぐりめぐっていますが、最近の若者のファッションには絶対に欠かせないファッションアイテムになっているのです。最近の春の流行りは、フェミニンなブラウスやプリーツのロングスカートなどが流行っていますが、足元は必ずスニーカーを履くのが鉄則になっています。ハイヒールではなく、あえてスニーカーにする事をスポーツミックスコーディネートと言います。そのスポーツミックスコーディネートには頭には必ずキャップがある事もポイントになっています。
キャップと一言で言いましても、素材が色々あります。コーデュロイ素材や麻素材や綿素材やメッシュ生地など、幅広い素材で作られたキャップがあります。色もベーシックな黒や紺よりも、からし色や、ピンクやレッドなど、派手めな色でアクセントを置くのも流行っています。
スポーツミックスコーディネートは若者だけではなく、大人目な方にも向いています。サラッとキャップをかぶっている人を見ると、やはりオシャレ上級者に見えてしまうから不思議です。キャップマジックと言っても過言ではないほど、キャップをかぶるとかぶらないでは、大きな差がでます。是非今年はキャップをファッションアイテムとして新しく購入してみてはいかがですか。おすすめです。

キャップ文化が変わった!?

最近ではファッションとしてキャップを被るだけではなく、寝癖を隠すためにキャップを被るという人も居るほどキャップの利用方法の幅がとても広くなってきました。ですが、キャップを被ったまま食事をしてい居る人が最近増えたようにも感じます。一昔前では食事の時や誰かに会った時などに帽子を外さないと「非常識」と言われていましたが、最近では常にキャップを被っている方がとても多く居ます。大目に見て誰かに会った時などにキャップを外さないのはいいですが、ごはんの時は自分だけの問題ではなく、周囲の方が不快に思っている場合もあります。
現代のキャップの利用方法の幅が広がったことでファッションの一部ではなく、体の一部になっているようにも思えます。キャップの利用方法の幅が広がったことでキャップの文化が変わったのかもしれません。ですが、キャップは常識や非常識と言ったことを思わせるだけではなく、とても便利なお洒落アイテムなのです。
キャップはその日のフッションによってとてもカジュアルに見せてくれたり、キャップの被り方によってはヤンチャに見えたりクールに見せることができるとても万能なファッションアイテムなのです。パンツのベルト部分にキャップをつけることでよりお洒落に見せてくれるアイテムでもあります。

丸顔でも面長でも似合う!自由自在なキャップの選び方

今日では、キャップはオシャレ要素の一つとして幅広い層から支持されています。カラーバリエーションも豊富で、とっつき安く大変人気が高いです。また、服装よりもキャップを中心にコーディネートする若者も増えています。丸顔や面長な人は、基本、どのキャップもそこそこ似合う印象があります。逆三角形や四角い顔立ちの人は、ユーズド感のあるキャップが良いと思います。バイザーが真っ直ぐだと、小顔効果も出るため、オススメです。また、顔立ちのあっさりした人はシンプルなデザイン、濃い人は複雑なデザインが似合います。キャップは、被り方で随分イメージが変わります。デザイン通りまっすぐに被るのが基本ですが、同じキャップでも斜め後ろに被るとふざけた印象を与え、違ったオシャレが楽しめます。最近の傾向として、ヒップホップ風で顔の輪郭を誤魔化せる斜め被りも流行っています。この方が浅く被るより自然な印象を与えるのも人気です。キャップと合わせたコーディネートですが、ストリート系の服装に合わせて、よりカジュアルダウンできるのは当たり前ですが、少しフォーマルな服装をドレスダウンするのにも有効です。キャップは男性アイテムのイメージが強いですが、女性の場合なら、ワンピースなどフェミニンな洋服に合わせることで、よりガーリーな雰囲気を演出することが可能です。

帽子をかぶった女性

recent news

肌色の帽子の絵

寝坊しても髪のセットいらず

若い人なら土曜日は朝まで飲んで日曜日に買い物と言う流れも多いかと思います。買い物の時もオシャレしたいですよね。でも前の日が土曜日ということもあり朝まで飲んでクラブに行けば度数の強いお酒を飲みかな…

more

帽子をかぶった男性

キャップでストリートスタイル

ここ数年、90年代のリバイバルが流行してそのスタイルはすっかり定着しましたねヒップホップの映画やバトル番組が話題になって往年のスターが再注目されたり若者のアーティストでもおしゃれな90sスタイル…

more

帽子を掴んでいる女性

見た目はバランスが大事

どれだけ大人っぽい服装をしても、どれだけお金をかけた服装をしても、やはり見た目の話になってくるのでバランスはとても大事です。コテコテのお兄系やロック系、サーフ系やカジュアル系などの服装は女性ウケ…

more

緑色の帽子の絵

キャップの被り方が与える印象

前にしかつばが付いていないので、つばが後ろ向きになるように被れるのがキャップの特徴です。つばが前向きになるように被るのとは違う印象を与えることもできます。キャップの後ろ被りが与える印象は、前被り…

more

post list